業務の流れ

弊社製品の導入までの業務の流れを、簡単にご説明いたします。
ご不明な点は、お気軽にお問合わせください。

業務の流れ 図
試験機
▲試験機

設計・設計審査
▲設計・設計審査

建設
▲建設

完成
▲完成

1 お引き合い弊社の営業担当者が、お客様のご要求を伺い、そのご要求事項をどのように達成するかを、お客様とご一緒に考えます。2 試験ご要求事項達成のための方法が、正しい方向であるかどうかを検証するために、試験を実施し、確認致します。合わせて、装置の基本設計条件を固めます。

3 提案ご要求事項と試験検証結果に基づき、システム或いは装置の提案を致します。
提案内容に対して、お客様とディスカッションをさせて頂きます。
ご要求事項と提案内容に齟齬がないかをしっかり確認し、ご満足頂けるベストの提案に仕上げます。4 ご契約ご提案内容にご納得いただきましたら、ご契約をさせていただきます。5 ご契約お約束のスケジュールで納入できるようマスタースケジュールを作成し、具体的にデザイン作業を進めます。
必要に応じて、お客様との打ち合わせや実証試験なども行います。
お客様へ納入するシステム或いは装置の納入仕様書を作成し、お客様の最終確認をいただきます。6 調達・製作お客様から最終確認を頂いた後、材料・部品・機器等の調達を開始します。7 検査検査要領書に基づき、厳格な検査を実施します。
お求めに応じて、お客様御立会いの上で実施させて頂きます。8 納品・搬入・建設お約束した納期通りに、納入致します。
現地での搬入据付工事が役務範囲の場合、弊社現場管理者が安全第一で現地工事の指揮を執ります。9 試運転搬入据付が完了し、いつでも運転可能な状態になりましたら、弊社技術員が装置の完成検査を行い、その後、契約内容に則った試運転調整を行います。
試運転調整の結果、契約の内容通りの性能を発揮することが確認できた時点で、検収を頂き、お客様にお引渡し致します。10 アフターフォロー・メンテナンス・設備診断担当営業マンを窓口にして、ご使用中の不具合や修理などのご用命にも、すばやく対応させて頂きます。
お引渡し後も、末永くお使い頂く製品ですから、定期的なメンテナンスは欠かせません。弊社ではメンテナンスにも力を入れております。
また、故障を未然に防ぐために、設備の定期的な診断をお勧めしております。

PAGE TOP ↑