スプレークーラ

スプレードライヤとは?利用例技術案内PDF 一覧表


噴霧冷却造粒装置
運転実績例
原液名凝固温度処理量運転条件平均粒子径
脂肪酸55〜60℃2.800kg/h15〜50℃200μ
高分子ポリマ120℃1.000kg/h10〜50℃300μ
低分子ポリマ160℃1.500kg/h5〜50℃700μ
プラスチックス155℃3.200kg/h40〜50℃2.000μ

 

 

機能一覧
特長

1.美しい球体粒子の製品が得られる。
2.得られた製品は、流動性が極めてよく、機械的強度に優れ、取扱時の破壊が少ない。
3.運転操作が簡単で自動運転ができ、保守が容易。
4.堅形で設置面積が少ない。
5.大容量で連続的な造粒に最適。
6.機器の組合せにより、連続無人運転が可能。

用途

化成品/医薬品

業種

化学業界/医薬品業界/石油樹脂

仕様

微粒化方式(回転ディスク)
微粒化方式(ノズル)
製品回収方式(本体、サイクロン2点捕集)
製品回収方式(サイクロン1点捕集)
製品回収方式(バッグフィルタ1点捕集)

備考

※1:モデル形式、ご要求仕様によりオーダーメイドとなる
※2:熱源標準仕様はモデル形式により異なる
解説図
PAGE TOP ↑